<< 4歳児はどんな子ども? | main | URであ〜る!で、リトミック >>

カブトムシ、セミ、バッタ 虫と環境

0

    JUGEMテーマ:幼児教育

    こんにちは!ぴゅりずみーあです♪

     

    やっと暑さもひと段落かと思いきや、またぶり返してきましたね

    でも、この夏は全体的に見ると冷夏だそうです!!

    7月は涼しい日が確かに多かったけれど、暑さが半端ない日の

    記憶の方が勝っています・・・・

     

    明日から新学期ですね

    保育園ではあまり関係ないですが、お盆休み明けは

    子どもたちの調子が戻らず、ぐずぐずしたり、不機嫌だったり

    手足口病も流行っていました

    明日から始まる幼稚園、学校でも、集団生活の窮屈さを感じず

    お友達や先生と会える喜び、みんなで何かをする

    楽しさをたくさん味わえることを早く思い出して

    すんなりと学校生活が始まるといいですね

     

    私が卒業したリトミック養成校の会報誌に

    「敏感期」のことが書かれていました

    ある能力について、吸収する力がとても優れている時期と

    言われています

    2歳から3歳ころは、「スポンジのようにどんどん吸収する」と

    言われます この頃は特に、言語・言葉を覚えてコミュニケーションが

    とれるようになる頃ですね

    それは、子どもたちが「興味をもった」から耳を傾けて「言葉」を

    聞き、模倣する  数字や文字に「興味をもった」から身近なところから

    めざとく見つけて、指でさしたり、読んでもらって覚えていく

    やらされている状況では、敏感期のちからが発揮されないかもしれませんね

     

    保育園でお散歩に行った時、せみやセミの抜け殻、バッタ、クモ、あり、ちょうちょなど

    今の時期にはたくさんの虫に出会います

    蚊でさえも怖がって泣き出す子もいますが、果敢にバッタ(しかも大きい!!)を

    捕まえて手に持てる子もいます(2歳児の子です!)

    私の子どももそうでしたが、セミの抜け殻をそれはそれは恐れて「ギャーッ」と

    叫ぶ子も、別の子どもがスッと木の幹から抜け殻を取る姿に拍手喝さいしてる子

    もいます

    みんな、生まれ持った好き嫌いがもちろんありますが、半分は環境なのでは

    ないかと思います

     

    大人でも、小さなカメ虫でさえ「うわーっ!!!」と叫んで

    遠くを通ったり、子どものころは触れたけどバッタやカブトムシなども

    触れないという人が多いですね

    いつの間にか、虫と接触する機会がなくなって

    日常ではない体験となるので、まず脳がSTOPをかけるのでしょう

    この活動は自分にとって、危険なのかそうではないのかを判断

    ここでだいたいの大人脳は、「不快感」「恐怖感」を導きだして

    「触らない」行動を選ぶのでは??

     

    子どものころに虫への関心を呼び起こし

    継続して関わるようにしてゆけば、大人になってからも

    大自然の夏を満喫できるようになるのではないでしょうか!

     

    posted by: purhythmiia | - | 19:44 | comments(0) | - |

    スポンサーサイト

    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 19:44 | - | - |
      コメント